補助金の活用について

こんにちは!

初めてカワブロに登場する営業課の三澤です!

実は半年前にカワブロ初登場を果たしたのですが、諸事情があり公開初日でお蔵入りになってしまいました・・・(笑)

 

今回はお蔵入りにならないような内容を皆様にお届けします!

内容は「知らなきゃ勿体無い、優遇制度(補助金)のお話」になります!!

特にこれから工場・物流施設を建てたい方等は必見です。

(今回は加和太建設がある三島市の補助金の話とさせていただきます。その他の市町村で建てたい方はお気軽にお問い合わせください!)

family_syunyu

まず三島市のHPを見てみると・・・

\\ 三島市内に新たに工場等を立地する企業へ補助金を交付します //

と書かれております。(ここから三島市HPにとべます

既に最初から交付しますと書かれていますね!補助金があると有難いですね!

ただ「工場等を建てるから補助金くださいよ!」って言ってもすぐにはもらえる訳ではありません。

そもそも補助の対象の項目としては・・・

用地取得費」「新規雇用費」「建物・機械設備費があり、それぞれ市と県から助成が受けられてこの補助金の制度が出来ています。

 

(助成対象経費)

・用地取得費 ・・・・・ 三島市

・新規雇用費 ・・・・・ 三島市

・建物・機械設備費 ・・ 静岡県

 

ここからは皆さん気になる補助金取得の為の適用要件をご説明します。

用地取得面積は1,000平米以上」「従業員数は10人以上の企業」「県内雇用増の為に1人以上は雇用(または県内雇用数維持かつ生産性の向上10%以上)」が条件であり、更に事業は用地取得日から3年以内の開始(未造成用地の場合は、5年以内)が条件となります。

だから「いい場所があったから、とりあえず購入して時期がきたら事業開始しよう!」ではダメです!ご注意ください!

 

また続いても皆さん気になる補助金(補助率)のご説明です。

用地取得費は・・

20%〜40%が補助金として出ます!(限度額はあります。)

成長分野(食品、医薬品、医療機器、環境関連)とその他の工場の業態で補助率は変わり、またふじのくにフロンティア推進区域とその他区域の場所でも変ります!

(ふじのくにフロンティア推進区域・・現時点で三島市では三ツ谷工業団地と玉沢インター用地が該当)

 

新規雇用従業員は・・

1人につき100万円が補助金として出ます!

ただ市町村によってはパートさんでも補助金として出るケースもあるので詳しくはお問い合わせください!

05096080_jpg_20181119_radD8FE5

最後に気になる補助金の交付のタイミングのご説明です。

タイミングは用地取得・建物を建築後、事業を開始してから市町村の審査があります。この審査が無事承認されますと交付の流れとなります!!

(補助金申請の申し込みもありますのでお気をつけて)

だから先走って「補助金を購入資金に当てよう!」や「もらった補助金で設備を購入しよう!」だとマズイですね!

あくまで補助金交付のタイミングは事業開始後の審査が承認されてからです!!お忘れなく!

2018-03-27_001

簡単ではありますが以上が補助金のお話となります。

知らなきゃ勿体無いですね!

「なんだか難しそう・・」と思いましたら市町村にそのままお問合せでもよろしいですが、一旦はぜひ加和太建設の営業マンにお問い合せください!

先輩営業マンにはこちらの補助金を活用した企業様の工場を建築した実績もございます!

また今回は三島市の補助金のお話となりましたが、他の市町村でもある場合がございます。

「三島市ではないけど近隣の市で・・」でも構いませんのでお気軽にお問い合わせください!

加和太建設の営業マンがお調べするとことからお手伝いさせていただきます!

◆◆具体的に活用実績にお話を聞きたい方、又はもう少し詳しくお話を聞きたい方は加和太建設 営業部までご連絡ください!お待ちしております◆◆

地域振興のための工場とは…?実績あります!

こんにちは!

大人になってもひなあられを沢山食べたい営業支援課の鈴木です。

立春が過ぎ、徐々にあたたかさを感じるこの季節が好きです。

寒暖差があるので風邪や体調不良にはお気を付け下さいね。

 

さて、今回は「市街化調整区域に工場が建てられる」という内容でお送りします。

そもそも市街化調整区域は不要な開発を防ぎ、土地本来の風景や農業などの産業を守るために建物を立てる上での条件が厳しい地域でしたね。

え?工場って不要な開発じゃない?

…と思ったそこのあなた!

不要じゃないんです。雇用が生まれれば人口が増え、人口が増えれば市町が豊かに。

そんなこんなで「地域振興のための工場」(※名称は行政によって異なります)が調整区域にて建設が認められることがあるんです。

ただし、どんな産業の工場でも認められる訳ではありませんので注意が必要です。

技術先端型産業と呼ばれる、医療器具や医薬品の製造・航空宇宙製品の製造等が対象になります。

御社の事業はいかがですか?当てはまるかな…と気になる方は弊社宛にご一報ください!

▼営業支援課:鈴木宛 055-987-5542

yaruki_moeru_businesswoman

 

 

 

 

 

 

 

また、この「地域振興のための工場」として認められるためには諸々の条件があります。

御社の所在している市町にどんな決まりがあるのか?どこを見ればわかるのか?

気になる方は弊社宛にご一報ください!

▼営業支援課:鈴木宛 055-987-5542

yaruki_moeru_businesswoman

 

 

 

 

 

 

 

電話ばかりお願いして、それじゃブログの意味がない?

…仰る通りです!今回は特別に行政のどんなところを見ればよいのかもお知らせします。

“地域振興のための工場とは…?実績あります!”の続きを読む

三島市空き店舗活用事業費補助金について

新年明けましておめでとうございます。

 

pics277

最近、益々寒さが厳しくなっていきますね。

世間では、インフルエンザが流行しておりますが、

体調管理に気を付けて、なんとか乗り切りたいものです。

皆様もお身体にはお気を付けください。

 

さて、本日は三島市空き店舗活用事業費補助金について、

ご紹介します。

これから、三島市の中心市街地で出店をしたい!と考えている企業様

必見です。

 

こちらの補助金は、

三島市の中心市街地において、

3か月以上空き店舗になっていた店鋪に出店する方に対し、

 

◎大通り・芝町通り・一番町駅前通りに出店の場合

補助金 200万円以内(家賃上限100万円と改修費上限150万円以内)

 

◎その他区域(条件あり)に出店の場合

補助金 100万円以内(家賃上限100万円と改修費上限150万円以内)

 

が支給される制度です。

 

実は以前からこのような制度は存在していたのですが、

皆様ご存じでしたでしょうか。

 

補助金を受けるには、

 

・昼間営業を行うこと

・出店地域の商店会に加入し、商店会の推薦を受けること

 

など、クリアすべき点がいくつかございますが、

その点はお任せください!

 

私たち加和太の営業マンがお手伝いさせて頂きます!!

 

用地取得から建設までのお手伝いはもちろん、空き店舗情報や補助金対策など、

どんな小さなお困りごとからでも結構です。

是非お気軽にご相談ください。

 

それでは、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

参考HP:三島市役所商工観光課

 

三島市における本社機能の移転・拡充に対する支援制度のご案内

今回は前回の静岡県の支援制度に続き、三島市の支援制度をご紹介致します。

 

前回ご紹介しました「国税」、「県税」の優遇措置に加え「市税(固定資産税、都市計画税)」の優遇措置も合わせて適用可能です。

 

概要

市外に本社を有する企業が本社機能を三島市に移転、又は三島市の既存企業が本社機能を拡充する場合において新増設した資産に対する固定資産税・都市計画税を3年間免除(0円)するものです。

 

課税免除の主な要件

・三島市の地域再生計画に適合していること

・企業の本社機能の移転・拡充の整備が行われていること

・本社機能において従業員数が10人以上(中小企業5人以上)増加すること

・新増設する本社機能の用に供する家屋及び償却資産の取得価格合計が3,800万円以上(中小企業1,900万円以上)であること

・平成30年3月31日までに静岡県より整備計画の認定を受けること

 

*本社機能とは

「調査企画部門」「情報処理部門」「研究開発部門」等の事務所、研究所、研修所をいい工場や店舗などは対象になりません。

 

三島市担当課:企画戦略部政策企画課 TEL 055-983-2616

【全国トップクラス】本社機能の移転・拡充に関する優遇税制を創設しました!

三島市HPはこちら→https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn030450.html

 

当社ではお客様と行政との間に入りサポート致します。

お気軽にお問い合わせください。

町並み+握手

 

 

 

 

 

三島市企業立地ガイド

医療健康産業、ファルマバレープロジェクトへの支援

法人企業の社長様へ、今回は三島市ファルマバレープロジェクト関連事業所集積促進事業補助金に対してのお知らせをさせて頂きます。

 

(1)家賃補助

■対象

①医薬品医療機器等法の許可を持つ企業

三島市内で新たな医薬品・医療機器製造販売業等の支社・支店・営業所等の事務所や工場等を賃貸する企業(薬局、ドラッグストア等の店舗販売業は対象外)

②インキュベートセンター出身企業

静岡県創業者育成施設(インキュベートセンター)を平成25年4月1日に退出し、ファルマバレープロジェクトに基づく事業に参加する企業

■補助額

事務所等の賃貸料(敷金、礼金及び共益費等の費用と消費税を除く)の1/2以内で、1月につき10万円上限(1,000円未満の端数切り捨て)

■期間

1企業につき36月分(3年間で最大360万円)

■条件

①三島市内において、新たに床面積25㎡以上の事務所等を2年以上の契約期間で賃貸すること

②事務所等で行う業務について、既ね1年以上の事業実績を有すること

③補助対象経費が他の制度に基づく補助対象となっていないこと

 

(2)開発生産事業費補助

■対象

三島市内の企業が、ファルマバレーセンターを含むコンソーシアムにおいて行う開発生産事業(事業に要する原材料費、機械装置費、外注加工費、技術導入費、委託費、知的財産権関連経費、専門家謝金、専門家旅費、運搬費等を補助対象経費とします)

■補助額

補助対象経費の2/3以内で、1企業1回を限度とし、100万円上限(1,000円未満の端数切り捨て)

■算定期間

申請の日から当該年度の末日まで

■条件

①事務所等で行う業務について、既ね1年以上の事業実績を有すること

②補助対象経費が他の制度に基づく補助金の対象となっていないこと

 

上記 家賃補助・開発生産事業費補助を活用検討致しませんか?加和太建設では、企業の皆様方を完全サーポート致します。是非この機会にチャレンジしてみませんか?