法人化にはたくさんのメリットがある!!

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s
個人で事業を営むよりも会社を設立して事業を営んだ方が、税金面で大きなメリットがたくさんあります。
① 給与所得控除の適用できる
② 所得分散できる
③ 保険・共済加入の点で有利

 

1、所得に給与所得控除が適用される

会社経営ならば経営者の所得は給与所得になります。給与所得は、サラリーマンに相当する給与所得控除があり、収入が個人経営の時と同じであっても会社経営の方が税金上有利です。

 

2、所得の分散で税率が下がる

会社経営の場合、家族に給与を支払う事ができるので、収入を家族に分散させるとができます。所得税は累進税率ですので、収入を多くの人に分散できれば税金の合計は少なくて済みます。

 

3、生命保険の保険料を経費にできる

会社の場合は、契約者=会社、被保険者=社長、死亡保険金受取人=会社というような契約を選択することができます。                            会社契約のメリットは、保険の種類によっては保険料を経費に出来る事です。一般に貯蓄型の保険の保険料は資産計上しますが、掛け捨て型の保険の保険料は損金算入することができます。

 

4、小規模企業共済に役員全員で加入できる

小規模企業共済は、自営業者や小さな会社の経営者の退職金準備や廃業時の備えになるものです。また、所得税と住民税で大きな節税効果が期待できます。                               会社の場合は役員であれば役員全員加入する事ができ、全員の退職金準備ができて節税になります。

あなたの土地に建てられるものと建てられないものがあります。

今回は「用途地域」についてお話ししたいと思います。

 

あなたのご所有地がどの「用途地域」に当てはまっているかご存じでしょうか?

 

色々なお客様とお話しをする中で、ご自身の土地が市街化区域か市街化調整区域かを把握されている方は多くいらっしゃいます。しかし12種類ある用途地域のどれに当てはまっているか知っている方は意外と少ないように感じます。

 

そもそも「用途地域」とは・・・

都市計画法により都市の環境保全や利便の増進のために、地域における建物の用途に一定制限を行う地域のことです。

 

住居系【第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域】

 

商業系【近隣商業地域、商業地域】

 

工業系【準工業地域、工業地域、工業専用地域】

 

以上の12種類に類別されます。

 

例えば、第一種低層住居専用地域の土地をお持ちのお客様が「やっぱり建てるとしたら、安心感のある病院が良いかしら」と言っているとします。

結論から言いますと

 

ここの土地に病院を建てることができません!!

 

第一種低層住居専用地域は低層住宅の専用地域のため、戸建て住宅、賃貸マンション、老人ホームといった住居系のものしか建てることができません。 “あなたの土地に建てられるものと建てられないものがあります。”の続きを読む

賃貸マンション建設だけが土地活用ではございません!!

「こんにちは!○○建設でーす。土地の有効活用にマンション建設はいかがですか?」ご自宅にこういった建設営業が良く来ますよね・・・。

 

私達加和太建設は、賃貸マンションの御提案も致しますが、お客様のお土地や資産背景を考え、1番最適な土地活用を御提案致します。

 

賃貸マンション建設だけが土地活用ではございません!!

 

大きく分けて土地活用の方法は「建てる」「貸す」「売る」と3つあります。

「建てる」といっても賃貸マンションだけでなく、戸建て賃貸、老人福祉施設、店舗、地元企業の事務所・倉庫などなど加和太建設では様々な御提案ができます。

また地元企業とのネットワークなどを活用し、土地を借りたい方を紹介することができますので「貸す」という選択もできます。

ピタットハウス3店舗(三島・沼津・御殿場)も運営しておりますのでお客様の土地の買い取りや仲介、つまり「売る」こともサポートさせて頂きます。

 

お客様のご希望やご要望もお聞きした上で、最適な御提案をさせて頂きます!!

カワタでワカッタ土地活用!!

土地用は加和太建設にご相談下さい。

“賃貸マンション建設だけが土地活用ではございません!!”の続きを読む

将来も見据えた戸建て賃貸での土地活用!

今回は、私の2年越しで受注させて頂いたお仕事をご紹介します。

 

私がお客様を通い始めたのは、土地活用の営業にも慣れ始め、走り出した時でした。

 

2,000㎡ほどの田んぼをお持ちで、ご主人が週末、仕事の合間を縫って大事にお米を作り続けて来ていました。

お客様が土地活用を考え始めたのは90歳近くになるおばあちゃんの相続税対策を考えたのがきっかけでした。

 

相続税対策!つまり納税方法を考えること!

ご経験されている方も多いと思いますが、相続発生から10ヶ月という短い期間でどのように相続税を支払うのか決めなければなりませんね。

 

納税方法には、

  • 現金での納税
  • 土地、不動産売却により現金を捻出して納税
  • (近年はあまりないですが・・・)物納による納税

などがありますよね。

 

資産が多ければ多いほど税金が取られるので、多額の税金を現金で納税するには限界があります。

お客様もそのことを理解しており、当初は田んぼを売却して資金捻出を検討されていました。

しかし、お客様の心に引っ掛かるものが・・・。

それは、「先祖代々守ってきた田んぼを自分の代で手放す」ということです。

それだけは絶対に出来ないプライドがご主人にはありました。それはお婿さんだったから。

 

そこから一緒に田んぼの有効活用を検討し始めました。

立地から住居系での活用に絞られました。

介護施設・福祉施設は今後の需要が大いに見込めるが、どうしても投資額が大きくなってしまう。。。

賃貸マンションは供給過剰で建設後があまりにも心配。。。

 

そこで、私が提案させて頂いたのが「戸建て賃貸」でした。

戸建て賃貸は賃貸マンションほど事業計画が良くはありませんが、入居者に喜ばれ、賃貸市場での需要が見込めるものです。

なんと言っても、戸建て賃貸のメリットは万一の際は必要分だけ切り売りが出来ることです!

仮に建物解体して更地売却するとしても、賃貸マンションほど解体費もかからず自由が効きます。

今回は売却しないで対策できたとしても、将来的に売却せざるを得なくなったとき、子供達が困らないようにと考えた結果です。

 

その他、入居者同士の関わり、地域との関わりを大事にして欲しいという想いが込められた戸建て賃貸が完成しました!

 

IMG_0017

 

弊社では、お客様のニーズに合わせ様々なご提案が出来ます!

小さなことでも何でも、まずは弊社に一声ご相談頂ければと思います!

走って飛んで行きますね!笑