改正建築基準法 施行

かとう

最近、朝昼晩の気温寒暖差が激しく、体調管理が大変な季節となりましたね。

 

さて、今回は9/25に施行されました改正建築基準法について、ご紹介いたします。

今回の改正で、何点か緩和されたり、強化された部分がありますが、今回ご紹介いたしますのは、「老人ホームなどの共用廊下・階段部分について、容積率規制の緩和」についてご説明いたします。

 

元々、老人ホームなどの福祉施設の廊下や階段部分等の共用部分は、容積率の対象となる床面積に算入されておりました。しかし今回の改正により、共同住宅と同じように、容積率の対象となる床面積に算入しなくてもよくなりました。

 

文章だけでは分かりにくいと思いますので、下にある図を参考にしてください。

参考1このような緩和の背景には、

・高齢化社会が進む中、既存の共同住宅を老人ホーム等に転用しやすくなる。

・新築時、共用廊下などの共用部分の面積を住戸に充填することができ、レンタブル比が向上することで、事業者様の採算性が向上する。

等といったような事が言えます。

 

弊社は福祉施設も多数手掛けておりますので、今回の緩和を機にご検討してみてはいかがでしょうか。

0207

 

 

 

 

 

 

施工事例

https://www.kawata.org/our_team/architecture

 

投稿日:2018年10月18日 最終更新:2018年10月18日
カテゴリ:設計たより タグ: