リフォームとリノベーションの違い

かとう

設計課の加藤です。

 

今回は、建物の改修工事をお考えの方がまず疑問に思う「リフォーム」と「リノベーション」の違いについてお話します。

リフォーム」と「リノベーション」の違いに明確な定義はありませんが、一般的に規模や工事内容で使い分けられています。

まず、「リフォーム」とは・・・

古くなった建物を新築のような状態に修復することを言います。

外装の塗り直しや、キッチンやお風呂などの設備の交換、壁紙の張り替えなどが「リフォームに該当します。

例としまして、賃貸マンションやアパートの場合、入居者の退居後に入居者の住む前の状態に戻す工事、原状回復とも言われたりする内容が「リフォーム」となります。

設計たより(リフォーム)

 

 

 

それでは「リノベーション」とは・・・

既存の建物を大規模な工事を行うことで、元々の状態よりも性能を向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

古くなった建物の構造の耐久性や耐震性を向上させたり、家族が人数が変わったことにより、壁をなくして、広々としたLDKにしたりするなど、住む人の暮らしにあわせた形へと創りかえることが「リノベーション」に該当します。

設計たより(リノベーション)

 

 

 

皆様のご所有の建物をきれいにしませんか?

「リフォーム」や「リノベーション」にご興味のある方、

お気軽にお問合せください。

 

投稿日:2017年6月13日 最終更新:2017年6月13日
カテゴリ:設計たより タグ: