BCPにも対応!出店なら静岡東部へ!

山崎

【BCP】ってご存知ですか?

交通BCPはBusiness Continuity Planの略で、災害や事故など不測の事態を想定して、事業継続の視点から対応策をまとめたもの。                                危機発生の際、重要業務への影響を最小限に抑え、仮に中断しても可及的速やかに復旧・再開できるようにあらかじめ策定しておく行動計画のことです。

静岡県東部では、東駿河湾環状道路開通・新東名高速道路開通・伊豆中央道への接続が出来、物流アクセス網が格段とよくなりました。

鉄道では、

新幹線ひかり (12本/1日)品川駅まで37分!

新幹線こだま (毎時2本)品川駅まで46~49分!

三島駅は、JR東海管内で第9位の乗車人員となっています。

 

その他静岡県では、ファルマバレー計画(http://www.fuji-pvc.jp/)などの内陸フロンティア計画(http://www.nf.pref.shizuoka.jp//)が進んでおります。

 

新東名高速道路は内陸部の高台を通っているため、津波の恐れもなく安全であり、また、交通の便が良くなったことにより、内陸部への進出・移転を検討する企業も多くなっております。

万が一の震災が起こった時にBCP対応の可能な静岡県での出店を検討してみてはいかがですか。

 

投稿日:2016年9月2日 最終更新:2017年4月24日
カテゴリ:企業様へ タグ: