地盤補強のあれこれ

かとう

今回は、地盤補強についてお話しますね。

 

地盤調査をした結果をもとに、地盤補強が必要とされた場合、どのような地盤補強があるのかと申しますと、表層改良・柱状改良・コンクリート杭・鋼管杭など他にも様々な方法があります。

 

補強方法の選定の仕方は、一般的に、表面だけ軟弱の場合(深さ2m)は表層改良。

深さ8m程度まで軟弱な場合は柱状改良。さらに深い場合は鋼管杭を使います。

他にもそれぞれの地盤状況によっては違う方法もあります。

 

地盤補強

ちなみに、それぞれの補強方法ですが、

表層改良はセメント系固化材を軟弱地盤に散布して、地盤の土と混合・攪拌・転圧を行い固結体をつくる工法。

柱状改良は、軟弱地盤の土にセメントミルク(セメント系固化材と水を混ぜたもの)を注入攪拌して、地中に柱状の改良杭をつくる工法。

 

鋼管杭は、杭先端のみで建物の荷重を支持したりする場合に、一般構造用炭素鋼鋼管を用いてを支える支持杭工法です。

 

弊社では、物件ごとに地盤調査を行い、適切な補強方法を検討しますので、安心してお任せください。

 

 

投稿日:2016年8月27日 最終更新:2017年4月24日
カテゴリ:設計たより タグ: